旭光通商株式会社 > 光や色の測定・校正を依頼する > 光生物学的安全性評価サービス

光生物学的安全性評価サービス

近年、LED光源などの普及とともに光の安全性への関心が高まっています。
光放射による目や皮膚(人体)への影響を評価する方法として、JIS C 7550 (国際規格では、IEC62481)が規格化されております。
光学試験校正室ではJIS C 7550に基づいた安全性の評価測定サービス(リスク分類評価)を行なっております。

JIS C 7550の測定評価項目

リスク 記号 測定項目 波長範囲
目及び皮膚に対する赤外放射障害 ES 分光放射照度又は露光許容時間 200nm-400nm
目に対する近紫外放射障害 EVUA 分光放射照度又は露光許容時間 315nm-400nm
青色光による網膜傷害 LB 分光放射輝度又は露光許容時間 300nm-700nm
小形光源の青色光による網膜傷害 EB 分光放射照度又は露光許容時間 300nm-700nm
網膜の熱障害 LR 分光放射輝度又は露光許容時間 380nm-1400nm
網膜の低可視光熱障害 LIR 分光放射輝度又は露光許容時間 780nm-1400nm
目の赤外放射障害 EIR 分光放射照度又は露光許容時間 780nm-2500nm

 

» 照度計・色彩計・輝度計へ戻る

区分 内容
免除グループ - 何ら光り生物学的に障害を起こさないもの。
リスクグループ1 低危険度1 通常の行動への制約が必要になるような障害を引き起こさないもの。
リスクグループ2 中危険度2 嫌悪感及び熱的な不快感を伴う障害を引き起こさないもの。
リスクグループ3 高危険度3 一時的又は短時間の露光によっても障害を引き起こすもの。

光学試験校正室では、以下の規格の光学安全性に関しての評価も一部行なっております。
詳しくはお問い合わせください。

光学安全性に関しての規格
JIS番号 発行年 表題
JIS T 5753 2017 歯科用照明器
JIS C 7550 2011 ランプ及びランプシステムの光生物学的安全性
JIS T 15004-2 2013 光ハザードからの保護
JIS T 10936-2 2014 手術用顕微鏡-第2部:
眼の手術に使用する手術用顕微鏡からの光ハザード
JIS T 7316 2014 眼光学機器-細隙灯顕微鏡
JIS T 7320 2015 眼底カメラ
JIS C 7550 2015 ランプ及びランプシステムの光生物学的安全性
JIS C 7551-1 2015 白熱電球類の安全仕様-第1部:一般照明用白熱電球
JIS T 0601-1 2014 医用電気機器-第1部:基礎安全及び基本性能に関する一般要求事項
JIS T 80601-2-60 2014 医用電気機器-第2-60部:
歯科器械の基礎安全及び基本性能に関する個 別要求事項
JIS T 80601-2-61 2014 医用電気機器-第2-61部:
パルスオキシメータの基礎安全及び基本性能 に関する個別要求事項
JIS C 7624 2013 放電ランプ(蛍光ランプを除く)-安全仕様
JIS C 8154 2015 一般照明用LEDモジュール-安全仕様

測定・校正に関してこんなお悩みがありましたらご相談下さい。
  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい