マルチ分光放射輝度 PR-680 Duo/PR-680L/PR-670/PR-655

製品イメージの画像
PHOTO RESEARCH
・最大4個の測定アパーチャーを搭載可能
・最小0.0036mmの測定スポットサイズに対応
・遠隔操作を可能にするBluetooth
・20~400Hzの周波数に対するAutoSync機能
・豊富なアクセサリーを用意
測定できる単位:
輝度、放射輝度、全光束、放射束、光度、放射強度、色度、照度、放射照度、透過率、反射率
  • お問い合わせ
  • レンタル
  • 委託測定
  • カタログタウンロード
  • カタログタウンロード
  • カタログタウンロード
    PR680 PR670 PR655
機器性能表        

アクセサリー

アクセサリー

標準の輝度・放射輝度測定の他、測定能力をさらに拡大するための豊富なアクセサリーを用意

放射輝度及び輝度測定 MS-75標準対物レンズ 、MS-5X/2.5X/MS-7.5X/MS-55近接レンズ
FP-6XXファイバープローブ、LA-6XX輝度リセプター
放射及び光束測定 IS-6XX 積分球 (LED等の測定に有効)
放射強度及び光度測定 LR-127 LED アナライザー
放射照度及び照度測定 CR-6XX コサインリセプター、ICC-6XX 積分球 及び RS-3 標準白色板
反射測定 RS-3 及び SRS-3 標準白色板
減光フィルター ND-XXX減光フィルター 2X ~10,000X減光

Photo

MS-75標準対物レンズ

【放射輝度及び輝度測定】 放射輝度測定(w/sr/m2)と輝度測定 (fL または cd/m2)は、355mm~∞焦点を持つ広角75mmのMS-75標準対物レンズ、一連のラインナップが揃った近接レンズを用意。近接レンズはMS-75レンズ前面に装着するタイプ。 MS-5X/2.5X/MS-7.5X/MS-55近接レンズはレンズチャートを参照。 製品イメージの画像

FP-6XX ファイバープローブ

FP-6XXファイバープローブは長さ60cmで、モニター等の発光体に直接ファイバーの先端部を設置し測定する。発光面にファイバー先端を装着した際の測定エリアは直径3mm。 製品イメージの画像

LA-6XX輝度リセプター

LA-6XX輝度リセプターは、先端部のラバーカップを発光体へ接触させて発光面の輝度を測定。測定エリアは直径13.2mm。 製品イメージの画像

IS-6XX 積分球

【放射束及び光束測定】
LEDやミニチュアランプの放射束(W)や全光束(lumen)測定用直径75mmのIS-6XX積分球。
製品イメージの画像

LR-127 LED アナライザー

【放射強度及び光度測定】
LEDやミニチュアランプの放射強度(w/sr)や光度(lumens/sr またはcandelas)測定用LR-127アナライザー。CIE127テクニカルレポートで推奨されているCondition AとCondition B両方の測定が可能なように設計されており、変更は単にCondition AからCondition Bの距離にスライドさせる。
製品イメージの画像

CR-6XX 余弦リセプター

【放射照度及び照度測定】
放射照度測定 (w/m2) または 照度測定 (fc or lux)のためにCR-6XXコサインリセプターとICC-6XX積分球を用意。CR-6XXコサインリセプターは光軸のまわり360°の回転を可能にした余弦補正されたディフューザーで、例えば頭上にある照明の卓上での照度測定をするために使用可能。
製品イメージの画像

ICC-6XX積分球

ICC-6XX積分球は25mmの開口を持った直径75mmの積分球で、入射光の積分測定に有効。校正されたRS-3標準白色版で照度測定も可能。 製品イメージの画像

RS-3 及び SRS-3 標準白色板

【反射測定】
正反射測定または拡散反射の測定を行いたい場合、RS-3またはSRS-3標準白色板を用意。耐久性の高いPTFEによって構成されており、可視領域において98 ~100%の反射率で50mm直径の高い反射面を持つ。これは黒アルマイト塗装された円形の筐体に入っており汚れ防止のための蓋も含む。
製品イメージの画像

ND-6XX減光フィルター

【減光フィルター】
分光放射輝度計のダイナミックレンジ拡張のため、50% ~0.01%減光の各種減光フィルターを用意。
  製品イメージの画像

 

» 分光放射計へ戻る

測定・校正に関してこんなお悩みがありましたらご相談下さい。
  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい