旭光通商株式会社 > 製品情報 > 光計測機器 > 分光放射計 > マルチ分光放射輝度  PR-680 Duo/PR-680L/PR-670/PR-655

マルチ分光放射輝度 PR-680 Duo/PR-680L/PR-670/PR-655

製品イメージの画像
PHOTO RESEARCH
・最大4個の測定アパーチャーを搭載可能
・最小0.0036mmの測定スポットサイズに対応
・遠隔操作を可能にするBluetooth
・20~400Hzの周波数に対するAutoSync機能
・豊富なアクセサリーを用意
測定できる単位:
輝度、放射輝度、全光束、放射束、光度、放射強度、色度、照度、放射照度、透過率、反射率
  • お問い合わせ
  • レンタル
  • 委託測定
  • カタログタウンロード
  • カタログタウンロード
  • カタログタウンロード
    PR680 PR670 PR655
機器性能表        

製品情報

概要

広い視野で小さな文字の一画や非常に小さいサンプルを測定する際、適切なアライメントを保障する為には正確で精密な光学系システムが不可欠です。
世界的に有名なプリチャード光学系は、幅広いユーザーに受け入れられている最も正確で多機能なシステムです。
プリチャード光学系システムのユーザーは、視野中心に黒色点(アパーチャー)のある明るく拡大されたイメージを目視します。
アパーチャーを通り抜ける光だけが測定される為、アパーチャーは、視野の中で正確かつ明確に測定される視野を決定します。

PR-600シリーズは、測定対象を狙い易く簡単に使用出来ます。
プリチャード光学系は目標と焦点を簡単に合わせ込めます。
準備が整い次第、測定ボタンを押すだけです。PR-670/680/680Lは、4種類(1°・1/2°・1/4°・1/8°)の可変式アパーチャーを基本システムとして装備します。
マルチアパーチャーは、オプションレンズやアクセサリーを必要とせず最小サイズに位置を変えられ、大小の目標を測定することに理想的なシステムです。
標準レンズ使用時にアパーチャーサイズが大きすぎる場合、PR-600シリーズには最小φ0.0036mmのスポットサイズになる近接レンズオプションを取付可能です。

特長

製品イメージの画像   PR-600シリーズは、偏光誤差を1%以内に抑えることで、偏光した光源や液晶等を精度良く測定可能。
製品イメージの画像   PR-600シリーズは、制御用コンピュータを使わず、スタンドアローンで使用出来るようデザインされている。
3.5インチ高精細カラー液晶画面と5種類のキーパッドにてメニュー操作を行う。測定結果として、各種数値の他、カラーで分光分布図をディスプレィに表示する。
製品イメージの画像   特許を持つ自動同期の特長は、高輝度で、液晶のような高リフレッシュレートな光源、PDP、DLPプロジェクター等のリフレッシュレートに受光器の露光時間を適合させることによって正確な測定を行うことが可能。自動同期を使用した場合、測定精度および繰り返し精度を改善し、完全なパルスを得ることを保証。一旦測定が行われた後、その光源のリフレッシュレートを表示。
製品イメージの画像 PR-600シリーズは次世代の携帯性を持つ。フル充電で12時間以上の連続使用が可能なリチウムイオン電池を標準装備。512MBのSDカードは80,000以上の測定を保存し、保存された測定データは、測定器液晶画面またはオプションの機器制御用ソフトウェアSpectraWin2で確認をすることが可能。配線を望まない場合、100メートルの距離に対応するクラス1準拠ブルートゥースが選択可能。ブルートゥースオプションは、映画館やオフィス、研究所等からワイヤレスで機器を制御することが可能になる。

製品イメージの画像

製品イメージの画像 分光測定に基づいた輝度、色度座標および相関色温度測定に加えて、PR-600シリーズは、分光に基づくCRT、LCD、PDPおよびデジタル・プロジェクター等のホワイトポイント校正をユーザーに提供。分光測定に基づいたPR-600シリーズのRGBオプションは、輝度および色度座標(CIE 1931 xy値)を含むセットアップ・スクリーンへ目標値を入力することにより、ホワイトポイント校正を行うことが可能。ユーザーは、あらかじめ保存された光源(NTSC、SMPTE、HDTV等)から選択するか、あるいは校正作業中に作成されるユーザーの値を選択可能。

製品イメージの画像

製品イメージの画像

PR-600シリーズ制御用ソフトウェアSpectraWin2は、Windows XP、Windows 7 32bit及び64bitに対して完全に対応します。SpectraWin 2は、PR-600シリーズからのデータをコントロールし操作する使いやすいインターフェースを提供することを目指している。測定および分光分布、輝度、CIE色度のディスプレイの標準機能に加え、測定データを表示、分析、計算するための追加機能を持つ。SpectraWin 2 Proは、強力なマクロスクリプト機能を含み、自動測定に対応。オプションのRGB DisplayCalパッケージは、基準モニタまたは目標数値に基づいた値を機器に入力し、ホワイトポイントをインタラクティブに設定可能なWindowsベースのディスプレィ測定ツールになる。
製品イメージの画像 PR-680及びPR-680L SpectraDuoは、高速スキャンが可能な256素子受光器の他に超高感度でフィルター式低ノイズ光電子増倍管を持つ業界唯一の分光放射計。
高速分光放射測定、超高感度輝度測定、感度に応じた受光器自動切り替え測定等の測定モードを持つ。SpectraDuoのユニークなデザインは、ディスプレィ測定で要求される分光ベースの色度測定や高速な低輝度測定を1台で出来ることを可能にする。プリチャード光学系は分光放射計と輝度計の切り替え時に測定ポイントの再調整が必要無い。PMTはアナログ出力に対応しており、ディスプレィレスポンス(3μ秒程度)やフラッシュの波形解析等の高速センサーとしても使用可能。
製品イメージの画像 情報ディスプレーの性能は、ほとんど指数の速度で向上し続けている。 これらの改良で輝度コントラストは最も重要なものの1つである。 改良されたコントラストを達成するために、ディスプレィメーカーは、黒をより黒くするように努力している。 性能の改良と平行して減少し続ける輝度レベルを測定することは困難なレベルになる。 PR-600シリーズはこれに合致するだけではなく、これらの低レベルを測定する要求を越える能力を有する。 左の表はPR-600シリーズのコントラスト能力を提示。
製品イメージの画像 全てのPR-600シリーズは、USB 1.1を備え、クラス1の ブルートゥースワイヤレスインターフェースを供給可能。シンプルなASCIIコマンドで機器はWindows 及びMACで制御可能。必要な場合、標準のUSB以外にRS232インターフェースを追加することが出来る。外部トリガーポートは、押しボタンや周辺機器等から遠隔測定を操作可能とする。
製品イメージの画像 PR-600シリーズを複数のユーザで使用する場合、User Profilesと共に設定情報を機器へセーブすることで識別の時間を節約。後にそれらを呼び出すことで再設定の必要無くすぐに測定を開始出来る。PR-600シリーズは5つのスピードモードを持ち、適切なアルゴリズムによって測定時間を減少させることが可能。5つのモードには、通常モード、Fastモード、2X Fastモード、4X Fastモードがある。4X Fastモードは、通常モードより約20倍速く測定を完了させる。
製品イメージの画像   PR-600シリーズは、 User Spectral Calibration機能を使用することで、別の分光放射計で測定されたデータを取り込むことが出来ます。SDカードに保存された分光データを機器にアップロードすれば、自動的にアップロードされたデータに基づくカスタムスペクトル補正要素が作成され、測定に使用される。

 

» 分光放射計へ戻る

測定・校正に関してこんなお悩みがありましたらご相談下さい。
  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい