二次元輝度計 TRU8

製品イメージの画像

●高分解能 8メガピクセル
●高感度 0.001 cd/m2

●高速測定

●自動測定機能

●選択された範囲の輝度値及び平均輝度値の算出機能

●レポート作成機能

測定できる単位:
輝度、色度、コントラスト比、相対色温度、ピーク波長
  • カタログタウンロード委託測定レンタルお問い合わせ
製品情報   仕様   ソフトウェア

ソフトウェア

TRU8専用ソフトウェア VideoWin3 Pro

ソフトウェアVideoWin3 Proは、複雑な分析作業を高速に解析するよう設計されています。このソフトには自動車業界や航空宇宙業界向けの特定の要求に対応する次の機能を含みます。

 

● AOR(Area of Regard)で選択された平均輝度及び色度の形状判定
● 3 ポイントの平均値を自動的に判定
● ATE(Auto Test Equipment)自動測定装置用ソフトウェア開発キット
● 合否判定用自動色測定
● レポート作成機能
● 測定サンプルに対するマトリックスカラー校正機能
● 8 メガピクセル全ての画素に対して輝度・色度値を表示及び保存可能

形状判定/基準登録

ソフトウェアの形状判定機能によって選択された測定対象は、平均値を決める為に費やされる多くの時間を必要とせず、即座に位置決めされて平均輝度と色度が計算されます。
下の例では、表示された形状の平均輝度値はAOR内の平均輝度値よりも5倍も高くなっています。VideoWin3 Pro は、サンプルAに対する基準登録を設定することが出来るので、他のサンプルに対して同じ領域のAORを設定し正確な測定を行うことが可能です。
 
      

3ポイントの平均値を自動的に判定

自動車業界や航空機器業界では、あらかじめ設定された3カ所の場所に対する平均輝度値を測定することが要求されます。VideoWin3 Pro は自動的にそれら3つの領域を見つけて3カ所の平均を測定する機能があります。
 
      

 

疑似色表示マッピング

複数の輝度変化や全てのイメージを持った色つきの画像は、ユーザーが決めた色指定を基に即座に判定を行えます。

 

     

 

自動合否判定

VideoWin3 Pro は、判定基準とされた輝度値や色度値をエリアで選択するか、あらかじめ保存したエリアを呼び出して合否判断に適用させることが出来ます。合否判定結果は、データスプレッドシートへ表示され、カスタマイズ可能なレポートへ添付可能です。

 

     

 

カスタマイズレポート機能

測定完了後、PDFフォーマットにカスタマイズされた測定結果のレポートを作成することが出来ます。測定画面に表示されたキャプチャ画像、データスプレッドシート、合否判定結果、そして測定エリア内の1931色度図等をレポートへ反映させます。

 

3D輝度表示

x軸及びy軸に対する輝度値(z軸)の3軸に対する輝度値を解析します。グラフ表示は回転・拡大等自由に変更 することが出来ます。

 

     

 

ラインプロファイル

ライン幅、最小輝度、最大輝度、コントラスト、変調の度合いと輝度の比率(コントラスト)を表示。

 

 

» 照度計・色彩計・輝度計へ戻る

測定・校正に関してこんなお悩みがありましたらご相談下さい。
  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい