旭光通商株式会社 > 製品情報 > 光計測機器 > 照度計・色彩計・輝度計 > 高精度自動型輝度計 PR-880

高精度自動型輝度計 PR-880PR-880

製品イメージの画像
PHOTO RESEARCH
・全自動制御色彩輝度計
・測定角 (アパーチャー)最大6種類内蔵可能
・ASCIIコマンド制御
・高感度
・RGBフィルターの他、xbフィルターを内蔵
測定できる単位:
輝度、放射輝度(オプション)、照度、光度、色度、色温度、色差、L*u*v*
  • お問い合わせ
  • レンタル
  • 委託測定
  • カタログタウンロード

製品情報

概要

OL770シリーズは、 OL770分光放射計本体に対してアクセサリーを付け替えることで種々単位の測定を行います。 CIE127 2007測定方法に準拠したLEDの光度・全光束測定、配光測定用ゴニオメータ、CCDカメラユニット付きレンズ光学系による輝度・放射輝度測定、余弦リセプターを使用した照度測定等、様々な測定に対応した200~1100nm間の測定波長域を持つ高精度分光放射計です。

アプリケーション

OL770は下記アプリケーションのために様々なアクセサリーが用意されています。

PR-880基本仕様

【内容】
本体、MS-55レンズ、ACアダプター、RS-232Cインターフェース、NIST準拠校正証明書

内蔵測定角(アパーチャー) 3°、1°、0.5°、0.25°、0.125°
内蔵フィルター フォトピックフィルタ-、Red/Blue、減光フィルター4種類
受光器 S-20 end on photomultiplier(PMT)光電子増倍管
輝度精度 ±2% (NIST準拠標準A光源 2856Kに対して)
デジタル解像度 14  bits
偏光 1%以下
外部出力 アナログ出力 (0 – 10 volts DC)
インターフェース RS-232C (9 pin female sub D)
重量 4.3 Kg
動作環境 5℃ ~ 35℃

製品イメージの画像

PR-880オプション

測定角 (アパーチャー)  基本仕様の3°、1°、0.5°、0.25°、0.125°を下記に変更可能。
2°、1°、0.25°、0.125°、2’、1.0’ x 40’ 矩形、その他カスタムに対応
放射輝度オプション 576nm単色光に対する校正及び360nm~830nm間の5nm毎の受光器レスポンス
MIL SPEC オプション MIL-SPEC 7788F、MIL-2716、MIL-25467対応オプション、NBS-3215 IPL Red Filter等
暗所視フィルター MS-55標準レンズと暗所視 (Scotopic)フィルターの組合せで0.34cd/m2以下の輝度を測定したNIST準拠校正証明書付  
インターフェース GPIB-232 (IEEE-488 to RS-232) 

PR-880特長

■ 全自動制御

PR-880は基本システムとして内蔵された5種類の測定角(アパーチャー)の他、フィルターターレット・測定シャッター・アイピースシャッターを全て自動で制御。
8種類のプッシュボタンと4段階調光の液晶画面で測定の設定を行い、校正されたレンズにより高精度な輝度・色度測定が可能。

■ プリチャード光学系

PR-880に使用されているプリチャード光学系システムは、視野中心に黒色点(アパーチャー)のある明るく拡大されたイメージを目視可能。アパーチャーを通り抜ける光だけが測定される為、視野の中で正確かつ明確に測定される視野を決定することが出来る。

■ リモート制御ソフトウェア

シンプルなASCC(text)コマンドでPR-880をRS-232インターフェース経由で制御可能。ユーザーは、高精度な測定結果をプログラム制御で得ることが出来る。

■ 感度・多機能

10⁻4乗桁の感度を持つPR-880は、基本5種類の測定角(アパーチャー)の他、種々タイプのレンズを選択することが出来る。高輝度に対しては、1/10から1/10000減衰の減光フィルターにて対応。

■ 色測定

フォトリサーチ社は4種類のカラーフィルターを使用して色度測定を行う色彩輝度計を提供する数少ないメーカー。一般的な色彩輝度計は、3種類のフィルター CIE X(Red)、Y(Green or Photopic)、Z(Blue)が使用されている。442nmのピークに対応したXbフィルターをPR-880は内蔵可能。

 

» 照度計・色彩計・輝度計へ戻る

測定・校正に関してこんなお悩みがありましたらご相談下さい。
  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい