プログラマブルLED光源 RS-7 

RS7.jpg
PHOTO RESEARCH
・35チャンネルLEDによる自由自在のスペクトル生成が可能
・CCDやCMOSセンサー及ぶ各種カメラのリニアリティ検査、色校正、応答度特性検査に最適
・16bit高分解能の調光機能
・カラーレンダリングアプリケーションに最適
・35チャンネルのLED光源
・PCに接続してのコンピュータ制御
・面内輝度約15000cd/m2の高出力タイプ
測定できる単位:
放射輝度、輝度、放射照度、照度、分光放射分光輝度、分光輝度、分光放射照度、分光照度、光度、放射強度、色度x、y、色温度
  • お問い合わせ
  • レンタル
  • 委託測定
  • カタログタウンロード

ラインナップ

◇RS-7-2:大口径タイプ - 大口径カメラの評価・検査用途

 RS-7-2 大口径タイプは、非常に安定した輝度・放射輝度及び波長精度を

提供する光源です。カメラやイメージセンサーの校正では、大きな出光面でありながら高い均一性を持つ光源が求められています。

角の広いカメラやイメージセンサーの校正及びフォトダイオードの感度

特性試験に最適です。

 

カタログ ダウンロード

   

◇RS-7-3:ファイバータイプ - ファイバー照射による被検物へのアプローチ、顕微鏡用途など

 RS-7-3 ファイバータイプは、スペースが限定されたアプリケーションに

柔軟に対応します。ファイバーによって自由に照射面を移動させることが

でき、ファイバーを複数本搭載することが可能なため異なる作業場で同時に光を照射できます。ファイバーの先端にはコリメート 光学系を内蔵。また、ファイバーの直径と長さはカスタムが可能です。

 

カタログ ダウンロード

 

◇RS-7-4:ウェハープローバータイプ - ウェハープロービングテスターの光源用途

 RS-7-4 プローバータイプは、ウェハーレベルのCCD・CMOSセンサー用

テスターに取って代わる光源です。視野110mm以上の範囲に99%以上

均一な光を照射します。この光源システムはターンキー方式であり、

プローバーやハンドラーと容易に組み合わせて使用することができます。

 

カタログ ダウンロード

 

◇RS-7-5:バッフルチューブタイプ - むき出しのセンサーやディテクターの評価・検査用途

 RS-7-5 バッフルタイプの特徴は、Fナンバー(f/1,f/2,f/3,f/4)の調節が可能な150mmアパーチャーのバッフルチューブです。このバッフルチューブはユーザーが交換できるようになっています。用途として研究開発や生産管理で剥き出しのセンサー・チップのテストに適しています。

 

カタログ ダウンロード

 

◇RS-7-6:広視野タイプ - 魚眼レンズや車載用カメラなどの広視野角カメラの評価・検査用途

 RS-7-6 広視野タイプは、内部がドーム状のような形状をしており、

180°の視野角全面に均一な光を放射します。また、開口径75mmの出光面においても97%以上均一な光を提供することが可能です。魚眼レンズや

車載用カメラなどに搭載される広視野角レンズの用途に適しています。

 

カタログ ダウンロード

 

◇RS-7-7:ライトブースタイプ - 物体色やCRI演色性の評価用途

 RS-7-7 ライトブースタイプは、無限にある照明条件をすばやく

シミュレートして、写真や製品展示または照明設計の用途のための視覚的な色評価を可能にします。実際の照明条件と理論上の照明条件の両方を

シミュレートでき、CRIの実験、解析、最適化が可能です。

ィスプレイの視認性と照明条件の評価・インテリアや衣料の色評価・しみ除去の検証など多岐にわたる用途で使用されています。

 

カタログ ダウンロード

   

◇RS-7-SWIR:近赤外タイプ - 近赤外センサー・カメラの評価・検査用途

 RS-7-SWIR 近赤外タイプは、9個の短波長赤外LEDを内蔵しています。

波長範囲は900~1700nmです。

RS-7シリーズでは以下の機種がSWIR:近赤外タイプにカスタム可能です。

・RS-7-1             ・RS-7-5:バッフルチューブタイプ

・RS-7-3:ファイバータイプ    ・RS-7-6:広視野タイプ

・RS-7-4:ウェハープローバータイプ

 

カタログ ダウンロード

 

 

 

» 光源へ戻る

測定・校正に関してこんなお悩みがありましたらご相談下さい。
  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい