旭光通商株式会社 > 製品情報 > 光計測機器 > 光源 > 分光放射照度標準光源 Model 5000 FEL

分光放射照度標準光源 Model 5000 FEL

放射束標準光源 RS-10D
GAMMA SCIENTIFIC

・NISTトレーサブルの分光放射照度標準光源 1000W

 

測定できる単位: 分光放射照度
  • お問い合わせ
  • レンタル
  • 委託測定

概要

概要

Gamma Scientific社のModel 5000 FELは、NISTトレーサブルの校正がされた分光放射照度W/cm2/nmの標準光源です。最大で波長域で250nm~2500nmで値付けされます。照度及び輝度の最大不確かさは±3%です。光測定器やディテクターの分光応答度校正に使用可能です。また本ランプの専用取付ホルダー、アライメント用のジグ及び専用の点灯電源のオプションアクセサリーと組み合わせてユーザーはあらゆる現場で容易に扱うことが可能です。

基本的な分光放射値

波長(nm) 分光放射照度(W/cm²/nm)
250 1.55E-08
350 7.44E-07
555 1.04E-05
1100 2.09E-05
1700 1.09E-05
2500 4.17E-06

アクセサリー

アライメント用ジグ Model 5000-17

アライメント用ジグは光軸の位置調整のために使用が可能でユーザーに簡単な後軸調整をかのうとします。He-Neレーザーと合わせて使用することにより高精度で標準光源の取付再現性のアウトプットも0.3%以下を可能にします。

  アライメント用ジグ Model 5000-17

ランプホルダー Model 5000-18

ランプホルダー Model 5000-18はNISTのオリジナル設計でキネマティック式のデザインは正確で再現性の高い位置決めを可能とします。

ランプハウジング Model 5000-6

ランプハウジング Model 5000-6は1000Wもの危険からユーザーを保護する役目と合わせて、熱排気のためのファンが組み込まれておりそれはランプの絶え間ない安定した点灯を可能にするために一定の熱を維持する役目を果たします。 ランプハウジング Model 5000-6

 

» 光源へ戻る

測定・校正に関してこんなお悩みがありましたらご相談下さい。
  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい