リーフラボ2

液相チャンバー DW3
Hansatech
●リーフラボ-2
サンプルが呼吸をする時に発生する酸素、または消費する酸素を測定します。
クラーク型の酸素電極には、反応速度の速いメンブレンを採用しています。
スターラー付きのコントローラーで正確な酸素濃度がモニターできます。
  • カタログタウンロード

特徴

  • 軽量・コンパクト、操作が簡単
  • コントローラーとスターラーが一体化設計
  • 蛍光反応、酸素モニターが同時にできます。
  • ソフトウエア O2ViewはWindows XP以上8.1に対応
  • 専用ソフトウエアによる校正及びデータの解析
  • LED光源のON/OFFを自動で制御でき、照射間隔や照射時間をプログラムできます。

概要

リーフラボ2はガス相チャンバー、LED光源を組み合わせ、蛍光及び酸素速度をモニターします。
循環水ポートのついたキュベットに酸素電極を取り付けて、コントローラーに接続します。
LED光源のON/OFFを自動で制御できます。
照射間隔や照射時間をプログラムでき、同じ条件で測定ができます。
また、ガス相チャンバーにはサンプルへのガス循環ができるようポートが2つあります。

仕様

コントロールユニット
スターラー速度 150~900RPM(ソフトウエアよりコントロール)
寸法 250×125×60mm WDH
質量 約630g

 

» 酸素電極へ戻る

理化学機器に関するご相談、お問い合わせはこちらまで

電話でのお問い合わせ

03-6418-6908

お問い合わせはこちらから

お問い合わせのページへのリンクボタン