AP4 ポロメーター

DL6 データロガー
Delta-T社ロゴ

葉の気孔を通じての水蒸気ロスを調べる植物内水分の研究は、周囲の温度、気圧、湿度、風速に関連した蒸散の重要な要因の一つです。気孔は、光、相対湿度(RH)、炭酸ガス(CO2)、水分ストレス、病原菌に敏感です。
循環拡散原理を使うAP4は、気孔抵抗の精密で再現性のよい野外測定に便利です。
葉面積計との組み合わせで、全植物と植生群落からの水分ロスの予測がたてられます。
AP4はこのように、気孔の振舞に対するいろいろの影響の効果を定量化するのに、貴重な機器といえます。
また、異なる品種の作物の比較や、環境ストレスに対する反応との比較という重要な役割も持っています。

  • お問い合わせ
  • カタログダウンロード
特長   仕様    

特長

簡単、便利な操作

革新的な設計によりAP4ポロメーターは高い操作性と包括的な特長と機能を提供致します。 とりわけ、温度補正値と校正を簡単にする自動サイクル機能を有します。
SETボタンは、プリセットした操作設定に簡単にアクセスできます。野外での使用の際は、ショルダータイプのオリジナルのケースで、キーパッド、制御ボタンや液晶ディスプレイの操作が簡単にできる設計になっています。
ケーブル先端のセンサーヘッドは、葉を測定するのに簡単なクリップ式です。 AP4は、READボタンで片手操作ができます。このボタンで測定が開始され、保存されます。

測定単位

AP4は気孔抵抗とコンダクタンスの単位、または速度とモル単位を選ぶ事ができます。
モル単位は、作られた生体量のモルとかPAR量子の束密度のように生化学単位との比較性が得られます。
速度単位は温度と圧力の両方に影響されますが、その他の単位は温度にわずかに影響されるだけで、圧力に対しては独立する利点があります。AP4ではすべての測定値が周囲の温度、圧力に基づきます。

データ処理

メモリーには約1500データの記録容量があります。
測定したデータはRS232ケーブル経由でパソコンに転送が出来ます。
データフォーマットは拡張子.csv、エクセルでデータの解析が簡単に行えます。
データ処理

コンパクトなセンサーヘッド

AP4の重要な構成要素は、精巧なセンサーヘッドです。
水分吸収の非常に低いポリプロピレン製のヘッドには2つのカップ(キュベット)が付いていて、1つはスロット式もう1つは丸型です。
カップは葉の形の違いに合わせて使い分けます。シリコンラバーのシールが、葉の表面を優しく押さえて、測定面積を決めます。理想的には葉とカップは同じ温度であることが望まれます。
ヘッドはカップと葉の温度を測るレスポンスの速いマイクロサーミスターが2つ付いて、測定に必要な温度補正をおこないます。

光を反射する断熱材のセンサーヘッドが、強い太陽光線の下でもカップの加熱が抑えられ、ほぼPAR域の感度をもつフォトダイオードが、葉に当たる光を測定します。
AP4のセンサーヘッドは、軽量、コンパクトですから、密集した群落内でさえ、葉のストレスを最小にして、信頼性の高い速い測定が可能です。
コンパクトなセンサーヘッド

仕様

測定範囲精度
コンダクタンス 5.0~1,200mmol m-2s-1 ±10% 5 ~ 800
±20% 800 ~ 1,200
コンダクタンス 0.25 ~ 30.0mms-1 ±10% 0.25 ~ 20
±20% 20 ~ 30
抵抗値 0.2 ~ 40cm-1 ±10% 0.5 ~ 40
±0.2s cm-1 0.2 ~ 0.5
相対湿度 0 ~ 100% ±4%
カップ温度 -5 ~ 55℃ ±0.7℃
PAR 0 ~ 2,500μmol m-2s-1 ±15%
気圧 600 ~ 1,200hPa
センサーヘッド
カップ 2.5×17.5mm 6mmφ
寸法 110×30×27mm
重量 約130g
コントロールユニット
表示部 8行 40桁
記録容量 約1,500データ(32 kbyte)
稼働時間 約20時間
充電時間 約14時間
寸法 300×220×140mm
重量 約3Kg

デザイン及び仕様は、予告なしに変更される場合があります。

 

» プラントサイエンスへ戻る

測定・校正に関してこんなお悩みがありましたらご相談下さい。
  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい