旭光通商株式会社 > 製品情報 > 理化学機器 > クロロフィル蛍光測定器

クロロフィル蛍光測定器Chlorophyll fluorescence measurement

野外で使用可能な小型クロロフィル蛍光測定器です。ローコストながら従来の設置型蛍光測定器に匹敵する性能を誇り、研究室、フィールド等、場所を選ばず測定することが出来ます。

パルス変調クロロフィル蛍光

環境光からクロロフィル蛍光を分離するため、精巧なエレクトロニクスが使用されています。パルス状の蛍光発光の誘発は、高速パルス励起光が使用されます。 高感度フォトダイオードが使用された蛍光光度計は、非パルス信号を除外したパルス蛍光信号を検出・記録します。

FMS1

FMS1   実験室等で使用するために主電源を備えた汎用パルス変調計器です。

詳細ページへ

FMS2

FMS2   フィールド内の周囲光条件下でサンプルのクロロフィル蛍光発光を測定するよう設計された汎用パルス変調計器です。

詳細ページへ

連続励起クロロフィル蛍光

カウツキー誘導または高速クロロフィル蛍光誘導を測定するよう設計されています。(Kautsky and Hirsch、1931 *)

ポケットPEA

ポケットPEA   Pocket PEAクロロフィルフルオロメーターは、教育、研究、および様々な商業用途に適しています。

詳細ページへ

ハンディーPEA

ハンディーPEA   Handy PEAは、高速クロロフィル蛍光誘導反応に基づく光合成効率の高レベルな研究に最適なシステムです。

詳細ページへ

M-PEA

M-PEA   高品質な高速蛍光反応とP700+吸光度の研究に加え、地上での遅延蛍光測定を組み合わせ、有効な光合成効率の調査に対して最も使用範囲の広いシステムです。

詳細ページへ

HPEA / LPA2

HPEA / LPA2   Handy PEAクロロフィルフルオロメーター用
高性能液相アダプターです。

詳細ページへ

FluorPen FP110/S

FluorPen FP110/S   GPSモジュール、USB/Bluetooth、専用ソフトウェアが含まれたハンドヘルド蛍光光度計。 測定パラメータ:Ft、QY、OJIP、NPQ、LC
Sバージョンは筐体に装着されたリーフクリップを使用します。

FluorPen FP110/D

FluorPen FP110/D   Dバージョンは、取り外し可能なリーフクリップ(クリップは別売)仕様です。

FluorPen FP110/X

FluorPen FP110/X   Xバージョンは、カスタムメイドのリーフクリップが搭載されています。

PAR-FluorPen FP110/S

PAR-FluorPen FP110/S   ライトメータ、GPSモジュール、USB、Bluetooth、専用ソフトウェアが含まれます。
Ft、QY、NPQ、OJIP、光カーブ、光合成活性放射(PAR)を400?700nmの範囲で測定。
標準リーフクリップを装備。

PAR-FluorPen FP110/D

PAR-FluorPen FP110/D   取り外し可能なリーフクリップ仕様。 リーフクリップは別売り。

PAR-FluorPen FP110/X

PAR-FluorPen FP110/X   Xバージョンにはカスタムメイドのリーフクリップが搭載されています。

詳細ページへ

AquaPen-C AP110-C

AquaPen-C AP110-C   AquaPen流量計のキュベット版で、光学密度を測定する濁度計を内蔵しています。

AquaPen-P AP110-P

AquaPen-P AP110-P   AquaPenのプローブバージョンは、懸濁培地にプローブを直接置くことで懸濁液中のクロロフィル蛍光を測定します。

詳細ページへ

Monitoring Pen MP 100-E

Monitoring Pen MP 100-E   バッテリ駆動で耐久性に優れたフルオロメータです。
測定プローブ、三脚取付用ネジ、電池付き外付けパック、データ収集と処理用のFluorPen 1.1ソフトウェアが含まれます。
最終的な仕様(屋外での作業、データロガー必要の有無、バッテリー駆動時間等)は要相談。

Monitoring Pen MP 100-A

Monitoring Pen MP 100-A   水中での蛍光パラメータの測定を目的としたバッテリ式蛍光光度計。防水ケース、測定プローブ、データ収集と処理のためのFluorPen 1.1ソフトウェアを含みます。 バッテリ付きの外付けバッテリパックは別売です。
最終的な仕様(屋外での作業、水深、測定頻度、バッテリ対応時間等)は要相談。

詳細ページへ

PlantPen PRI 210

PlantPen PRI 210   531nmと570nmに中心を置く2つの狭い波長帯における葉の反射率を比較することによって、光化学反射率(PRI)を測定します。 光合成の利用効率、CO2摂取率、および水ストレス指標の変化を示すカロチノイド色素の変化にPRIは影響を受けます。
植生の生産性とストレスの研究等に使用されています。

PlantPen NDVI 310

PlantPen NDVI 310   植物のクロロフィル含量の重要な指標である標準化差植生指数(NDVI)を測定します。葉の色素であるクロロフィルは、光合成に用いるために可視光(0.4?0.7μm)を強く吸収します。 一方、葉の細胞構造は、近赤外光(0.7?1.1μm)を強く反射します。可視および近赤外波長における植物反射率の差異を用いて、NDVI指数を計算します。 NDVIは、光合成能力と植物キャノピーのエネルギー吸収に直接関係しています。

詳細ページへ

N-Pen N 110

N-Pen N 110   軽量・電池駆動で反射率をベースとした機器です。生育シーズンを通じて植物の窒素管理に効果的で便利な方法を提供します。N-Penは、反射によって窒素量を測定し、植物におけるクロロフィル含量と窒素含量との間の密接な関係を明らかにします。頑丈でコンパクトなN-Penは、野生生物、植物生物学の研究室、教育の分野に使用できます。データ転送は、USBおよびBluetoothが利用可能です。 FluorPen 1.1ソフトウェアは、データ転送、表とグラフ表示等、種々の機能を提供します。

詳細ページへ

PolyPen RP 410

PolyPen RP 410   光源(キセノン白熱ランプ380?1050 nm)を使用して葉の分光反射率を測定します。一般的に使用される反射率(例えば、NDVI、NDGI、PRIなど)の値を表示します。
測定結果は、フルカラータッチスクリーンの画面にグラフまたはデータシートとして表示されます。データは、メモリにフルスペクトラムとして保存され、後に再表示したり、PCへ転送することができます。リチウムイオン充電池で動作するシステムなので、制御PCは不要です。光源と検出器を校正するために2種類の交換可能な非破壊リーフクリップサンプルホルダーが付属されます。

詳細ページへ

PolyPen-Aqua PA 210

PolyPen-Aqua PA 210   懸濁液のスペクトル測定するためのポータブルな分光光度計です。バイオテクノロジー、昆虫学、生態学、分子生物学、化学、法医学など幅広い分野で屋内・野外問わず使用できます。単一ビーム法に基づいた380?790nmの範囲における吸光度および透過率スペクトルを測定します。

詳細ページへ

SpectraPen LM 510

SpectraPen LM 510   研究用および農業用に理想的なポータブル分光放射計です。380?780 nmの範囲の可視光と640?1050nmの波長範囲の強度を測定します。分光光度の測定、人工照明のモニタリング、光放射の定量化に特に役立ちます。リチウムイオン充電池で動作するので、制御用PCは不要です。
タッチスクリーンは、波長と強度の測定結果と、相関した色温度インデックスを含む分光分布図が瞬時に表示されます。測定データは自動的にデバイスの内部メモリに保存されます。 園芸業界で使用されている人工照明や光源試験のモニタリングなど、環境、農業、生態学研究の用途に適しています。
LM 510-H/UVIS
測定波長範囲:340~780nm
LM 510-H/NIR
測定波長範囲:640~1050nm

詳細ページへ

SpectraPen SP 110

SpectraPen SP 110   研究室、農業および産業用の汎用機器として理想的な低コストのハンドヘルド分光器です。さまざまなサンプルの吸収、反射、透過率、発光、色、蛍光を瞬時に測定します。
SpectraPen SP 110-UVIS
測定波長範囲: 340~780nm
SpectraPen SP 110-NIR
測定波長範囲: 640~1050nm

詳細ページへ

LaiPen LP 110

LaiPen LP 110   広葉樹群落における単位接地面積(LAI =葉面積/接地面積、m2は/ M2)を測定します。広角光学センサが測定した太陽の放射光からLAIおよび他の群落構造の属性を計算します。科学者やエンジニアへ迅速かつ信頼性の高い結果を提供するように設計されたLaiPen LP110は、LAI測定する他社の装置とは異なり、昼間の環境で雲量や特定の太陽角度を要求しません。LaiPen LP110は、2つの動作モードを選択することができます:
シングルセンサモード:測定前、測定後、測定中に基準測定を行います。
2センサモード:基準信号の自動ロギング(2台のLaiPenが必要)

詳細ページへ

PG100N

PG100N   光と光合成光量子束密度PPFD(Photosynthetic Photon Flux Density)を測定し、光源の調整、植え付けの品質向上、培養サイクルの短縮等、植物工場のより高い生産性とコスト削減に役立ちます。

詳細ページへ

SRI-2000UV/SRI-2000/SRI-2000+

PG100N   SRI-2000UV
250~850nm間の分光放射照度を測定。

SRI-2000
350~780nm間の分光放射照度を測定。

SRI-2000+
350~1050nm間の分光放射照度を測定。

詳細ページへ

測定・校正のご相談、お問い合わせはこちらまで

電話でのお問い合わせ

03-6418-6908

お問い合わせはこちらから

お問い合わせのページへのリンクボタン

≫ 理化学機器へ戻る