旭光通商株式会社 > 導入事例 > 光計測機器の導入事例

光計測機器の導入事例Case

温度調節機能付きLED点灯治具

近年、ハイパワーLEDは省電力・長寿命の特長から一般照明や特殊高輝度照明用とし て普及が進んでいる。 
しかしながら、光半導体の特長として点灯時間が長くなるにつれ 製品自体の温度も上昇する。
LEDは温度の上昇に反比例して光エネルギーの放射が減少する為、高温時の光エネルギーの減衰率を正確に把握することがハイパワーLEDの製造元 では求められている。
斯様な要求に対して、ペルチェ素子及びヒーターを用いた温度特性調節機能付治具を 開発・製造した事例を紹介する。特に自動車照明や屋外向けLED照明に必要な環境(極寒から灼熱)に設定が可能で-40℃〜+150℃という幅広い設定温度を実現した。
さらにLED設置治具部分にエアーを吹き 付けることによって、マイナスからプラスへ温度上昇させる際に発生する結露を除去する構造も備えている。

イメージ

該当製品をLED光学評価システムとして広く普及しているOL770 LED分光放射計とともに使用することによりハイパワーLEDを疑似温度環境下での光学評価を包括的に行う事が可能となった。

 

» 光計測器の導入事例へ戻る

測定・校正のご相談、お問い合わせはこちらまで

電話でのお問い合わせ

03-6418-6908

お問い合わせはこちらから

お問い合わせのページへのリンクボタン